草思社

書籍詳細

企業栄えて、我ら疲弊す
―― 会社は誰のためにあるのか
数値至上主義で株主・投資家の利潤のみを追求してきた企業は社会を疲弊させ、今自らも瓦解しつつある。ここ十数年の軌跡を検証し企業活動の本質と病巣を炙り出す。
ISBN 978-4-7942-1684-7
定価 1,836円(本体1,700円)
判型 四六判
頁数 256頁
初版刊行日 2008年11月28日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
立石泰則
ノンフィクション作家・ジャーナリスト。1950年福岡県生北九州市まれ。中央大学大学院法学研究科修士課程修了。「週刊文春」記者等を経て、1988年に独立。92年に『覇者の誤算―日米コンピュータ戦争の40年』(日本経済>新聞社)で第15回講談社ノンフィクション賞を受賞。2000年に『魔術師―三原脩と>西鉄ライオンズ』(文藝春秋)で99年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞する。他の作品として、デビュー作『復讐する神話―松下幸之助の昭和史』(文藝春秋)、『ソニーと松下』(講談社)、『チャイナリスク』(小学館)、『企業栄えて、我ら疲弊す』『「がんばらない」経営』『ヤマダ電機の暴走』『アトム電器の秘密』(草思社)など多数。
この本へのご意見・ご感想