www.soshisha.com
本を探す
病を癒す希望の力
―― 医療現場で見えてきた「希望」の驚くべき治癒力
著名ながん専門医が30年以上にわたる自らの臨床経験から、患者に及ぼす精神の影響力を検証する。人間の自己治癒力の驚くべき可能性を科学的視点から慎重に説く。
ISBN 978-4-7942-1922-0
定価 2,484円(本体2,300円)
判型 四六判
頁数 264頁
初版刊行日 2012年08月31日
原書タイトル THE ANATOMY OF HOPE
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ジェローム・グループマン
ハーバード大学医学部の教授兼ベス・イスラエル・ディーコネス医療センターの実験的医学主任。癌医療と血液疾患、エイズ治療の第一人者。「ニューヨーカー」の医学と生物学の記事を担当する専属ライターでもある。これまで本書を含め四冊の本を出版し、すべてがベストセラーになっている。邦訳『毎日が贈り物』(吉田利子訳、サンマーク出版)、『セカンド・オピニオン』(近藤誠・平岡諦訳、PHP研究所)、『医者は現場でどう考えるか』(美沢恵子訳、石風社)。
菅靖彦
翻訳家、セラピスト、日本トランスパーソナル学会顧問。主な訳書に、『不安な気持ちをしずめる方法 』キャロライン・カー(PHP研究所)、『いま、目覚めゆくあなたへ』マイケル・A・シンガー (風雲舎)、『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』ジュリア・キャメロン(サンマーク出版)、『ブッダの脳』リック・ハンソン、リチャード・メンディウス(草思社)ほか多数。
田中淳一
Babel University Professional School of Translation卒業。学生時代から、ネパール、バリ島をはじめ、世界各地を旅する。訳書に『エブリデイ禅』(シャーロット・ベック、サンガ)、共訳書に『どんな時代がくるのか』(風雲舎)などがある。
 この本へのご意見・ご感想
この本を購入する