草思社

書籍詳細

女優にあるまじき高峰秀子
名女優・高峰秀子の養女となった著者が描く「かあちゃん」高峰の凛とした生き方と凡俗女優たちとの対比を描く異色のエッセイ。なぜ高峰秀子は女優が嫌いだったのか。
ISBN 978-4-7942-2363-0
定価 1,512円(本体1,400円)
判型 四六判
頁数 232頁
初版刊行日 2018年12月03日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
斎藤明美
1956年、高知県生まれ。津田塾大学卒業後、高校教師、テレビ構成作家を経て「週刊文春」の記者を20年間務め、2006年フリーに。1999年、処女小説「青々と」で日本海文学大賞奨励賞受賞。記者時代から松山善三・高峰秀子夫妻と交遊があり、2009年、養女となる。著書に『高峰秀子の流儀』(新潮社)『高峰秀子が愛した男』(河出文庫)『煙のようになって消えていきたいの――高峰秀子が遺した言葉』(PHP研究所)など多数。
この本へのご意見・ご感想