草思社

書籍詳細

【文庫】通州事件の真実
―― 昭和十二年夏の邦人虐殺
昭和12年夏、北京近郊の通州で250名を超える日本人居留者が虐殺された。恐るべき無差別襲撃の実態を多数の資料や写真から明らかにした渾身のノンフィクション。
ISBN 978-4-7942-2398-2
定価 1,058円(本体980円)
判型 文庫判
頁数 344頁
初版刊行日 2019年06月10日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
加藤康男
1941年、東京生まれ。編集者、ノンフィクション作家、近現代史研究家。早稲田大学政治経済学部中退。集英社に入社し『週刊プレイボーイ』創刊から編集に携わる。その後、集英社文庫編集長、文芸誌『すばる』編集長、出版部長などを歴任。退社後、恒文社専務取締役を務める。退任後、おもに近現代史をテーマに執筆活動を行っている。『謎解き「張作霖爆殺事件」』(PHP新書)で山本七平賞奨励賞を受賞。そのほかの著書に『昭和天皇 七つの謎』(ワック)、『靖国の軍馬』(祥伝社新書)、『八月十五日からの戦争「通化事件」』(扶桑社)、『ラストエンペラーの私生活』(幻冬舎新書)など多数。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する