草思社

書籍詳細

【文庫】光秀と信長
―― 本能寺の変に黒幕はいたのか
光秀の決断にはどのような背景があったのか。朝廷や足利義昭の策謀はあったのか。史料を縦横に駆使して信長、光秀の人物像を再構築し、本能寺の変の真因をさぐる。
ISBN 978-4-7942-2409-5
定価 972円(本体900円)
判型 文庫判
頁数 272頁
初版刊行日 2019年08月08日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
渡邊大門
1967年、神奈川県生まれ。関西学院大学文学部卒業。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。著書に『奪われた「三種の神器」』(草思社文庫)、『宇喜多秀家と豊臣政権――秀吉に翻弄された流転の人生』(洋泉社)、『戦国誕生――中世日本が終焉するとき』(講談社)、『大坂落城――戦国終焉の舞台』(KADOKAWA)、『牢人たちの戦国時代』(平凡社)など多数。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する