www.soshisha.com
本を探す
いきな女たち
―― 新橋芸者列伝
後妻の約束を反故にされ家政婦の身に甘んじながらも、大政治家への愛を貫いた小芳をはじめ、身を捨てて男を愛した花柳界の女たちの生き方を鮮やかに描き出す。
ISBN 978-4-7942-0344-1
定価 1,049円(本体971円)
判型 四六判
頁数 192頁
初版刊行日 1989年05月20日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
中村喜春
1913(大正2)年銀座生まれ。2004年没。16歳で新橋の芸者となり、お座敷をつとめながら専門学校で英語を習得。海外の著名人の接待や、戦後の進駐軍との通訳で活躍。1956年アメリカに渡る。オペラのコンサルタントをするかたわら小唄や長唄など日本の古典芸能を教え、コロンビア大学等で東洋哲学の講義もしていたが、ニューヨークで晩年を迎えた。波乱万丈の生涯は本書およびその続篇である『江戸っ子芸者一代記』(戦後篇、アメリカ篇、ともに草思社)に詳しい。本書は、ドイツ語版、スペイン語版、チェコ語版はじめ世界数か国語に翻訳刊行され、それぞれに好評である。ほかに『ああ情けなや日本』『いきな女たち』『いきな言葉 野暮な言葉』(いずれも草思社)などの著書がある。
 この本へのご意見・ご感想