www.soshisha.com
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

「あとがき――決めるのは いつも猫」より

「あとがき――決めるのは いつも猫」より 岡野薫子

 猫とつきあうのに言葉は要らない。ただ、そこに一緒にいるだけで、私たちは幸せ感に包まれる。

 おとなの猫たちは何れもひそやかでいながら、表情はとても豊かだ。猝椶録瓦料覘瓩慮祖未蠅如¬椶糧妙な変化は雄弁に心の内を物語る。

 彼らの心性はデリケートで傷つきやすい。なかまの猫たちへの配慮をしつつ、自分の好きな人間を独占したくて、やきもちをやく。私たちにはめったに見せない威嚇の恐ろしい顔は、なかまどうしでは当り前のことのようだ。ただ、それらは瞬時の間に過ぎて、いつまでもこだわってはいない。頭のきりかえがはやいのは、野生のものたちの特性である。但し、一つ一つの出来事は、彼らの脳に鋭く刻まれて、一度経験したことは決して忘れない。

 猫は──どの猫も、自分の意志通りに行動する。私たちが彼らと一緒にいて心が落ちつくのは、いつも本音でつきあえる相手だからだ。人間社会での言葉のまやかしは、猫の世界では通用しない。そして、猫がダメといったら絶対にダメ。決めるのはいつも猫なのだ。

 或る時、私の傍で、猫がごきげんのごろりごろりをしている最中、突然、地べたに貼りついたまま動かなくなった。それまで私が手を添えてやり、右へ左へ自由に動かされていた猫のからだは、最早、びくともしない。まるで岩盤にでもなったようだった。

〈モウ、オシマイ〉

 拒否されて、私はちょっと白けた気分になった。だが、同時に、猫が全身の筋肉を自在にあやつり、自分の姿を変えて見せる、そうした技の一つを披露してくれたようにも思った。

 現在、猫が飼い主と一緒に遊ぶ姿がネットで紹介され、猫が出演の劇映画も制作されている。猫の不思議に、ようやく皆が気がつきはじめたのである。猫は猫で、進んでいろいろなゲームを試みる。私と猫の場合、ゲームに代わるのが、彼らと連れ立っての夜明けの散歩だ。飼い猫から街猫に代わっても、この習慣は変わらない。

 ところで、私自身は子どものころからの動物好きだが、特に猫が好きというわけでもなかった。おとなになってからは、書く仕事に専念するための独り暮らしで、動物と生活を共にすることには積極的でなかった。それが、六十歳を迎えた年、近所の牝猫たちから強引に同居を迫られ、しまいには、猫どうしのわが家乗っとりの争奪戦にまで発展し、止むなく、コロの家族と同じ屋根の下で暮らすようになった──というのが発端である。いわば猫たちから選ばれての結果なのだ。しかし、今になって、自然からの大きな恵みをうけていたことに気づかされる。

 現在、私は、八十歳も半ばを過ぎての独り暮らしで、変わらず文筆の仕事を続けている。コロの一家が絶え、捨て猫クリとの同居生活も終わり、自分の人生の最終段階では猫との暮らしはもうないものと思っていた。

 ところが、十年ほど前、晩年の私にふさわしい猫たちとの出会いがあった。それが街猫(地域猫)の家族である。こちらが一代なら、彼らも一代。まるで、神様が、私の状況にあわせて、いろいろな猫たちをひき会わせてくださるかのようである。街猫三兄妹の誕生月は、私と同じ二月であった。

 こうして私は、戸外で生活する猫たちと親しくつきあうようになった。三兄妹は、各々の運命を自分でつくりだしているようでもある。なかの一匹(牝のフク)は、私を自分の旅の伴侶と決めたらしい。同じ屋根の下にはいなくとも、さながら影の如く私に寄り添っている。気がつけば、人生晩年の、心おだやかな理想の旅は、私の場合、猫が共にいることによるのであった。

『猫がドアをノックする』から始まって、『猫には猫の生き方がある』が生まれ、『猫と生きる もう一つの旅』で、猫三部作は完成をみた。

(担当/藤田)

岡野薫子(おかの・かおるこ)

1929年、東京生まれ。1945年、財団法人調布高等女学校(現・田園調布学園)卒業。1948年、官立東京農業教育専門学校附設女子部卒業。科学雑誌の編集、科学映画脚本家を経て作家に。『銀色ラッコのなみだ』でサンケイ児童出版文化賞・NHK児童文学奨励賞・動物愛護協会賞、『ヤマネコのきょうだい』(共に実業之日本社)で野間児童文芸推奨賞、『ミドリがひろったふしぎなかさ』(童心社)で講談社出版文化賞(絵本部門)を受賞。他の著作に童話『森のネズミ』シリーズ、『うさぎのお店やさん』シリーズ(以上、ポプラ社)ほか多数。2014年、児童文化功労賞(日本児童文芸家協会)を受賞。一般書に、エッセイ画文集『森のネズミの山荘便り』(求龍堂)、短編集『都会の蜃気楼』(作品社)、ノンフィクション『黒姫山つづれ暦』(新潮社)、『太平洋戦争下の学校生活』(平凡社ライブラリー)、『科学映画にかけた夢』『猫がドアをノックする』『猫には猫の生き方がある』『この世は一度きり』(以上、草思社)などがある。

この本のページ 草思社ブログもご覧ください

この本を購入する