www.soshisha.com
立ち読みコーナー
経営者を格付けする
有森隆
堀江貴文(ほりえ・たかふみ)  ライブドア 社長兼CEO

会社概要

ネットバブル崩壊の直前に
運よく東証マザーズに上場
 1996年4月にホームページ制作代行の有限会社、オン・ザ・エッヂが設立された。社長には東大生の堀江貴文が就任。資本金600万円は、堀江がアルバイトで教えていた学習塾の生徒、有馬あきこの父親が全額出資した。「(彼女を)きちんと学習院大学を卒業させること」が出資の条件だった。
 創立メンバーは大学生の4人。翌97年7月に株式会社に改組。だが、株式上場をめぐって、堀江と他の創立メンバーとの意見が対立。堀江が「会社を大きくするには上場するのが早道」と主張したのに対し、他のメンバーは「ちゃんとクライアント方を見て、仕事をしていくのが先決」と言い、意見が分かれた。有馬は退社してクリアキューブを設立。彼女と訣別した堀江は上場へと突き進む。
 ネットバブルが崩壊する寸前の2000年4月に、幸運にも東証マザーズにオン・ザ・エッヂの上場を果たした。堀江は保有株を担保に銀行から5億円借金して、有馬の父親から株を買い取り、名実ともにオーナーとなった。
 03年にエッジ、04年には買収した無料プロバイダーの会社の名前であるライブドアに社名を変更。創立メンバーとの修羅場を思い起こさせるオン・ザ・エッヂという社名を消したい一心から再三、社名を変えたといわれている。

人物総評

多感な少年時代
孫正義の活躍を見て育つ
 堀江貴文は1972年、福岡県八女市で、共働きの会社員の一人息子として生まれた。父親は厳しく、母親は無関心。堀江は著書の中で「温かい家庭がどんなものなのか、まったく知らないままに子供時代を過ごした」と書く。親友もなく、孤独な少年だったが、頭脳明晰、成績優秀。中高一貫校の久留米大学附設中・高校から、現役で東大文靴貌学した。
 高校の先輩がソフトバンク社長の孫正義で、その実弟であるガンホー・オンライン・エンターテイメント会長の孫泰蔵とは、中学・高校・大学の同級生。多感な少年時代に孫正義の活躍を目の当たりにして育ったこと。これが現在のホリエモンの原点である。
 堀江は結婚に失敗した。99年に女子社員とできちゃった結婚し、男の子をもうけたが、2002年に離婚。元妻が引き取った子供に一度も会ったことがない。両親の愛情に恵まれず、大学時代は引きこもり。結婚生活が破綻したことが、家庭への憎悪を植え付けた。「世の中に温かい家庭ってあるんですか?僕には信じられない」とインタビューで答えたのは本音だ。人を不快にさせる露悪的な発言を繰り返すのは、両親との確執がトラウマになっているからだ、と心理学者は分析する。

状況判断力
★15点
技術力ではなく資金調達力で
グループを拡大
 「年間5億円くらい利益を挙げる会社を15億円で買って、RER(株価収益率)10倍にして売れば、それだけで最初の15億が50億になるじゃないですか。まさにわらしべ長者。ファイナンスってこういうことなんです」。堀江は自著でこう説く。ファイナンス(融資)、つまり金融ビジネスがすべての行動の起点である。
 株式を公開してまずやったのは、上場5日目に上場で得た60億円で投資会社を作ること。このカネでインターネット関連企業のM&Aを進めていったのである。ネットバブル崩壊で、多くのネットベンチャーは上場の夢破れて脱落していった。好機到来である。こうした負け組のベンチャー企業を二束三文の安値で買い叩いていったのだ。
 失敗した起業家に共通するのは、ファイナンスに対する無知蒙昧ぶりだ。技術力なんて関係ないと堀江は考えた。カネがカネを生むファイナンスのノウハウを身につけていれば、ビジネス会社を勝ち抜ける。これが堀江の基本的な状況判断だった。
 堀江は短期間のうちに30社以上を買収した。本格的なM&A時代の到来を、素早く読み切った状況判断力は15点。

目標設定力
★10点
資金繰りがつかず
フジテレビへの資本参加はかなわず
 ニッポン放送株の取得を通じてフジテレビに資本参加し、役員として乗り込む。堀江が描いた目標である。小が大を支配するフジサンケイグループの資本のねじれに、早くから目をつけていたが、カネがなくて指をくわえて見ているしかなかった。800億円の資金の出し手となるリーマン・ブラザーズ証券が見つかり、フジテレビを乗っ取ることに照準を合わせた。
 一時は破竹の勢いで株を買い進み、ニッポン放送はほぼ掌中にした。しかし、その後の資金が続かなかった。香港の金融会社、韓国の財閥などからLBO(買収した企業の資産を担保に借金すること)で6000億円の資金調達のメドをつけたが、買収が成就しなければ金は出ない。
 TOB(株式公開買い付け)でフジテレビの株式を支配するには、つなぎ資金が必要になる。フジテレビをTOBするための資金の調達が不調に終わったためにLBOも幻となった。
 フジテレビへの資本参加はかなわず、堀江はフジテレビの役員になる野心を諦めた。目標設定は実現性に乏しかったため大きく減点され10点だ。

(下略)


有森隆
経済ジャーナリスト。1945年生まれ。早稲田大学卒。30年間、全国紙で経済記者を務めた。経済界・産業界での豊富な取材経験と人脈を活かして、日本経済を動かす人々の実像に迫る精力的な執筆活動を続けている。主な著書に『ネットバブル』『日本企業モラルハザード史』[以上文春新書]『企業舎弟 闇の抗争』『戦後六〇年史 九つの闇』[以上講談社+α文庫]などがある。