草思社

書籍詳細

4 江戸の町(上)
―― 巨大都市の誕生
自然の地形を生かした大土木工事に始まる江戸の建設から、天下一の大都市へと成長し、明暦の大火によって天守閣もろとも町が灰燼に帰すまでの70年間を描く。
ISBN 978-4-7942-0139-3
定価 2,420円(本体2,200円)
判型 B5判
頁数 96頁
初版刊行日 1982年01月05日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
内藤昌
1932年長野県生まれ。東京工業大学建築学科卒、同大学院博士課程修了。工学博士。名古屋工業大学名誉教授。愛知産業大学名誉教授。日本都市史・日本建築史を専門とする。日本建築学会賞受賞。名古屋工業大学教授、東京工業大学教授、愛知産業大学学長を歴任。元日本建築学会副会長。江戸の町の建設過程を検証し注目を集めた『江戸と江戸城』(鹿島出版会)をはじめ、『新桂離宮論』(鹿島出版会)、『復元安土城』(講談社)、『日本 町の風景学』(草思社)など著書多数。
穂積和夫
1930年東京生まれ。東北大学工学部建築学科卒業。長沢節氏に師事して絵を学ぶ。設計事務所を経てイラストレーターに。1950年代からいち早くアメリカのアイビーファッションを装いやイラストに取り入れ、日本のアイビー文化を創り上げた一人。ファッションやカーイラスト、建築や歴史など手がけたイラストは多岐にわたる。著書に『絵本アイビーボーイ図鑑』(万来社)『日本の建築と街並みを描く』(彰国社)『絵で見る 明治の東京』、シリーズ『日本人はどのように建造物をつくってきたか』全10巻・共著(いずれも草思社)など。
この本へのご意見・ご感想