草思社

書籍詳細

【文庫】子どもに言った言葉は必ず親に返ってくる
―― 思春期の子が素直になる話し方
世界的なベストセラー『子どもの話にどんな返事をしてますか?』思春期版。親の聞き方・話し方ひとつで、驚くほど子どもが素直になります。ぜひおすすめです!
ISBN 978-4-7942-2574-0
定価 990円(本体900円)
判型 文庫判
頁数 248頁
初版刊行日 2022年04月08日
原書タイトル BETWEEN PARENT AND TEENAGER
このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイム・G・ギノット
イスラエルで教師を経験した後、コロンビア大学で博士号を取得、臨床心理学者、子どものセラピストとして活躍し、親の教育プログラムを実施する。前著『子どもの話にどんな返事をしてますか?』は親と子どもの関係に革命的変化をもたらしたと評され、30か国に翻訳され累計500万部を超える世界的ベストセラーとなった古典的名著である。本書はその「思春期篇」である。
菅靖彦
翻訳家、セラピスト。日本トランスパーソナル学会顧問。主な訳書に、ギノット『子どもの話にどんな返事をしてますか?』、ビダルフ『女の子って、ちょっとむずかしい?』、ハンソン他『ブッダの脳』(いずれも草思社)、ブレナン『光の手』、エクマン『顔は口ほどに嘘をつく』(ともに河出書房新社)、キャメロン『新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。』(サンマーク出版)ほか多数。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する