www.soshisha.com
本を探す
日本占領下のジャワ農村の変容
侵略と解放の二面を持つ日本統治の実態と影響を検証する。綿密な現地調査とオランダでの資料探索をもとに感性をみた実証史学第一級の成果。サントリー学芸賞受賞。
立ち読みページへ 特設ページへ
ISBN 978-4-7942-0460-8
定価 9,228円(本体8,544円)
判型 A5判
頁数 728頁
初版刊行日 1992年06月01日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
倉沢愛子
1946年生まれ。東京大学教養学部・同大学大学院修了。コーネル大学大学院にて博士号(インドネシア史)取得。在インドネシア大使館専門調査員、名古屋大学教授等を経て1997年より慶應大学経済学部教授。日本占領期の歴史ならびにインドネシア現代社会における開発と社会変容の関連を研究テーマとする。著書に『日本占領下のジャワ農村の変容』『二十年目のインドネシア』『女が学者になるとき』『南方特別留学生が見た戦時下の日本人』(以上、草思社)、『ジャカルタ路地裏フィールドノート』(中央公論新社)、『「大東亜」戦争を知っていますか』(講談社)、『インドネシア イスラームの覚醒』(洋泉社)、『変わるバリ 変わらないバリ』(勉誠出版)、『インドネシアと日本――桐島正也回想録』(論創社)などがある。
 この本へのご意見・ご感想