www.soshisha.com
本を探す
大佛次郎 敗戦日記
昭和19年9月から20年10月までの日記。自身の内面から、読書評、世相、作家たちの動き、戦局の推移まで、敗戦の様相を遺憾なく書き記した貴重な記録。初公開。
立ち読みページへ 特設ページへ
ISBN 978-4-7942-0600-8
定価 2,307円(本体2,136円)
判型 四六判
頁数 356頁
初版刊行日 1995年04月03日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
大佛次郎
一八九七年横浜に生まれる。本名は野尻清彦。東京帝国大学政治学科を卒業の後、鎌倉に住み、外務省に勤務するが、関東大震災を機に文筆生活に入る。博文館の雑誌「ポケット」に『鞍馬天狗』のシリーズを連載。さらに、『照る日くもる日』『赤穂浪士』など新聞小説でで新境地を打ち出す。三〇年には軍部を批判したノンフィクション作品『ドレフュス事件』を刊行。敗戦直後の九月からは約二か月、東久邇内閣の参与をつとめた。この日記の執筆中には朝日新聞に時代小説『乞食大将』を連載している。その後『帰郷』『宗方姉妹』などの現代小説を執筆。晩年は『パリ燃ゆ』『天皇の世紀』などの史伝に力を注いだ。七三年死去。
 この本へのご意見・ご感想