草思社

書籍詳細

八十歳、わが日々を生きる
人は齢を重ねて初めてほんとうの自分を、自分の人生を情熱的に生きられる──自らの老いと対峙する日々をつづり、英米で30年以上も感動を与え続ける不朽の名著。
ISBN 978-4-7942-1014-2
定価 1,760円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 208頁
初版刊行日 2000年10月30日
原書タイトル THE MEASURE OF MY DAYS
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
フロリダ・スコット=マクスウェル
1883年9月24日、米国フロリダ州に生まれる。16歳で舞台女優となり、20歳で結婚してスコットランドに移住。主婦をへて、作家、その後はユング派の心理分析家として活躍。数々の著作をものした。
本書は1968年に米国 Knopf 社より出版され、1979年からは Penguin Books の一冊として現在にいたるまで読み継がれている。
亀井よし子
英米文学翻訳家。主な訳書にアン・ビーティー『燃える家』(ブロンズ新社)、ボビー・アン・メイソン『ラブ・ライフ』(草思社)、ドロシー・アリスン『ろくでなしボーン』(早川書房)、ヘレン・フィールディング『ブリジット・ジョーンズの日記』(ソニー・マガジンズ)、エリカ・ジョング『五十が怖い』(小学館)、『あたりまえだけど、とても大切なこと』(草思社)など多数。
この本へのご意見・ご感想