草思社

書籍詳細

イスラーム世界の二千年
―― 文明の十字路 中東全史
幾多の民族、幾多の王朝の栄枯盛衰の舞台となった中東。斯界の泰斗がその歴史を多面的に叙述し、古代文明と今日とのつながりを立証。中東の見方を変える決定版。
ISBN 978-4-7942-1055-5
定価 5,060円(本体4,600円)
判型 四六判
頁数 564頁
初版刊行日 2001年08月01日
原書タイトル THE MIDDLE EAST
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
バーナード・ルイス
白須英子
翻訳家。日本女子大学英文科卒業。1993~95年「エコノミスト」誌の翻訳員。主な訳書に『ナポレオン1812年』(中央公論新社)、『ソヴィエトの悲劇』『エルサレムの20世紀』(以上、草思社)、『変わるイスラーム』(藤原書店)、『アラブ500年史』『オスマン帝国の崩壊』(以上、白水社)、『イエス・キリストは実在したのか?』『人類はなぜ〈神〉を生み出したのか?』(以上、文藝春秋)、著書に『イスラーム世界の女性たち』(文春新書)がある。
この本へのご意見・ご感想