草思社

書籍詳細

大リーグは本当にすごいのか?
―― 日本野球の底力
イチロー、新庄の活躍でメディアはこぞって大リーグを礼賛し、日本の野球のつまらなさを批判するが、それはおかしい。日本野球の底力と面白さに目を開けと説く。
ISBN 978-4-7942-1103-3
定価 1,650円(本体1,500円)
判型 四六判
頁数 256頁
初版刊行日 2002年04月30日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
小林信也
1956年、新潟県長岡市生まれ。慶応大学卒。スポーツライター、エッセイスト、ラジオのパーソナリティーなどで活躍。スポーツの楽しさを世に広めること、スポーツ科学の探究を活動の軸にしている。著書に『長嶋茂雄語録』『長嶋はバカじゃない』『スポーツジャーナリストで成功する法』『カツラ-の秘密』などがある。
この本へのご意見・ご感想