草思社

書籍詳細

ひとり暮らし
「わたくし事」をめぐるエッセイ集。「どうせなら陽気に老いたい」という詩人の生きる歓びとは? 詩の背後にある詩人の暮らしを綴った長篇日録「ある日」収録。
ISBN 978-4-7942-1115-6
定価 1,540円(本体1,400円)
判型 四六判
頁数 184頁
初版刊行日 2001年12月15日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
谷川俊太郎
1931年東京生まれ。1952年、詩集『二十億光年の孤独』でデビュー。詩作のほか翻訳、散文、シナリオ、絵本、作詞など幅広く活動し、詩の朗読ライブ活動も精力的に行っている。子どものための本は『ことばあそびうた』『わらべうた』『みみをすます』『これはのみのぴこ』など多数。翻訳ではスヌーピーとチャーリー・ブラウンのシリーズやレオ・レオニの絵本などを手がけている。
この本へのご意見・ご感想