草思社

書籍詳細

2002年版 プロ野球 問題だらけの12球団
ドラフト研究の第一人者が、全球団の今年の戦力をアマチュア時代以来の選手観察にもとづき徹底分析。プロ野球の見方がガラリと変わるちょっと辛口の観戦ガイド。
ISBN 978-4-7942-1123-1
定価 1,540円(本体1,400円)
判型 四六判
頁数 232頁
初版刊行日 2002年03月08日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
小関順二
スポーツライター。1952年神奈川県生まれ。日大芸術学部卒。プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立。2000年より年度版として刊行している『プロ野球 問題だらけの12球団』シリーズのほか、『甲子園怪物列伝』『野球を歩く日本野球の歴史探訪』(いずれも草思社)など著書多数。CSテレビ局スカイ・A sports+が中継するドラフト会議の解説を1999年以降、フレッシュオールスターゲームのゲスト解説を2010年以降務めている。
この本へのご意見・ご感想