草思社

書籍詳細

戦争プロパガンダ 10の法則
第一次大戦からアフガン空爆まで、あらゆる戦争に共通する正義捏造、自国正当化のからくりを気鋭の歴史学者が読み解く。戦争の見方を根底から揺るがす衝撃の書。
ISBN 978-4-7942-1129-3
定価 1,650円(本体1,500円)
判型 四六判
頁数 216頁
初版刊行日 2002年03月29日
原書タイトル PRINCIPES ELEMENTAIRES DE PROPAGANDE DE GUERRE
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
アンヌ・モレリ
歴史学者。1948年ベルギー生まれ。ブリュッセル自由大学歴史批評学教授。歴史批評を近代メディアに適用し、世論を特定の方向に誘導するからくりを体系的に分析してきた。宗教と政治の問題にも詳しい。著書に『Lettre ouverte à la secte des adversaires des sectes』(新興宗教を糾弾する旧来宗教の公開質問状)など。
永田千奈
1967年、東京生まれ。翻訳家。訳書に『未来を変える80人』(日経BP社)、ルソー『孤独な散歩者の夢想』、モーパッサン『女の一生』(ともに光文社)、『サガン 疾走する生』『海賊と資本主義』(ともにCCCメディアハウス)などがある。
この本へのご意見・ご感想