草思社

書籍詳細

死体につく虫が犯人を告げる
死体に卵を産み付ける昆虫を分析し、驚くべき正確さで死亡時刻を推定する「法医昆虫学」。その第一人者が、殺人捜査におけるこのまったく新しい手法を紹介する。
ISBN 978-4-7942-1150-7
定価 1,980円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 240頁
初版刊行日 2002年07月31日
原書タイトル A FLY FOR THE PROSECUTION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
マディソン・リー・ゴフ
1944年生まれ。ハワイ大学マノア校昆虫学教授。ホノルル市・郡監察医局の法医昆虫学顧問も務める。新しい犯罪捜査法である法医昆虫学の草創期から研究にたずさわるほか、FBIアカデミーで法医昆虫学の訓練セッションを担当するなど、手法の普及にもつとめてきた。アメリカ法医昆虫学評議会の設立メンバーの一人。
垂水雄二
1942年大阪生まれ。科学ジャーナリスト。著書に『やぶにらみ生物学』(エーコン)ほか。訳書にフォーティ『三葉虫の謎』(早川書房)、ハンフリー『喪失と獲得』(紀伊國屋書店)ほか。
この本へのご意見・ご感想