草思社

書籍詳細

拉致救出運動の2000日
―― 1996年-2002年
誰が事件の早期解明を邪魔したのか。不作為の政府・外務省、拉致を否定する朝鮮総聯・政党・学者、無関心なメディア。北朝鮮に拉致を認めさせるまでの活動全記録。
ISBN 978-4-7942-1180-4
定価 2,090円(本体1,900円)
判型 四六判
頁数 512頁
初版刊行日 2002年12月25日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
荒木和博
特定失踪者問題調査会代表、拓殖大学海外事情研究所教授。1956年東京生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。現代コリア研究所研究部長を経て、拓殖大学海外事情研究所専任講師、助教授、04年より教授。北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)事務局長時代より一貫して拉致問題の最前線に立って活動。著書に『日本が拉致問題を解決できない本当の理由』『なぜ北朝鮮は崩壊しなかったのか――日本の鏡としての北朝鮮』『拉致救出運動の2000日――1996年―2002年』(編著)ほか。
この本へのご意見・ご感想