草思社

書籍詳細

王様も文豪もみな苦しんだ性病の世界史
ゲーテもベートーベンも、ルイ14世もピョートル大帝もみな苦しんだ! 梅毒をはじめさまざまな性病に苦しんできた人類の歴史をペーソス溢れる筆致で綴る文化史。
ISBN 978-4-7942-1188-0
定価 1,980円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 256頁
初版刊行日 2003年01月22日
原書タイトル DIE STRAFE DER VENUS
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ビルギット・アダム
瀬野文教
翻訳家。1955年東京生まれ。北海道大学大学院独文科修士課程修了。訳書に、ハフナー『ヒトラーとは何か』、ホルストマン『野戦病院でヒトラーに何があったのか』、ヴァイス『目撃者』(以上、草思社)、クルツ『ロスチャイルド家と最高のワイン』(日本経済新聞出版)など多数。著書に『リヒャルト・ハイゼ物語』(中央公論新社)など。
この本へのご意見・ご感想