草思社

書籍詳細

明かりが消えて映画がはじまる
―― ポーリン・ケイル映画評論集
辛辣な語り口で鳴らした米国の名物女流評論家による名画評論。アルトマン、デ・パルマなど有名監督の映画評に加え傑作エッセイ「ケーリー・グラント論」を収録。
ISBN 978-4-7942-1192-7
定価 3,190円(本体2,900円)
判型 四六判
頁数 352頁
初版刊行日 2003年10月28日
原書タイトル WHEN THE LIGHTS GO DOWN
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ポーリン・ケイル
山田宏一
映画評論家。1938年ジャカルタ生まれ。東京外語大学フランス語科卒業。1964〜67年パリ在住。その間「カイエ・デュ・シネマ」誌同人。著書に、『映画とは何か 山田宏一映画インタビュー集』(1)、『キン・フー武侠電影作法』(宇田川幸洋と共著)『何が映画を走らせるのか?』(キネマ旬報映画本大賞2005第1位)、『ヒッチコックに進路を取れ』(和田誠と共著)、『映画はこうしてつくられる 山田宏一映画インタビュー集』(2)、訳書に『明かりが消えて映画がはじまる ポーリン・ケイル映画評論集』、スーザン・ストラスバーグ『マリリン・モンローとともに』(以上すべて草思社)などがある。
この本へのご意見・ご感想
畑中佳樹 訳 /柴田元幸 訳 /斎藤英治 訳 /武藤康史 訳