草思社

書籍詳細

日露領土紛争の根源
1853年刊シーボルトの『日本』のロシア語訳が間宮林蔵の樺太発見の業績を抹殺改竄していたことを著者が発見。歪曲されてきた日露領土問題を糺した警世の書。
ISBN 978-4-7942-1206-1
定価 2,530円(本体2,300円)
判型 四六判
頁数 336頁
初版刊行日 2003年05月26日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
長瀬隆
この本へのご意見・ご感想