草思社

書籍詳細

日本統治下の朝鮮 北鎮の歴史
―― アメリカ人が開発した東洋一の金鉱の町
平安北道の都市・北鎮の大店の子として生まれた著者が日本統治の実態を描いた貴重な記録。さらに日韓併合以前から米国人が開発した東洋一の雲山金鉱の歴史も語る。
ISBN 978-4-7942-1243-6
定価 2,420円(本体2,200円)
判型 四六判
頁数 336頁
初版刊行日 2003年09月26日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
酒井敏雄
この本へのご意見・ご感想