草思社

書籍詳細

平気で暴力をふるう脳
キレる若者、ストーカー、家庭内暴力。いとも簡単に一線を越え、暴力に走る人間はいかにして作られるか。環境が引き起こす脳の暴走のしくみを解き明かす衝撃の書。
ISBN 978-4-7942-1251-1
定価 2,484円(本体2,300円)
判型 四六判
頁数 368頁
初版刊行日 2003年10月22日
原書タイトル THE BIOLOGY OF VIOLENCE
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
デブラ・ニーホフ
ジョンズ・ホプキンズ大学で博士号を取得後、学術誌等に数々の論文を執筆する傍ら、生物医学関係のコンサルタント会社、バイオテクスト社を創立。
吉田利子
翻訳者。訳書に『思春期病棟の少女たち』(草思社)、『なぜ意志の力はあてにならないのか』(NTT出版)、『不死というあなたの現実』(河出書房新社)、『人生の扉をひらく「万能の鍵」』(サンマーク出版)、『なんか変! ひょっとしてあなたは発達障害?』(飛鳥新社)ほか。
この本へのご意見・ご感想