草思社

書籍詳細

鉄馬は走りたい
―― 南北朝鮮分断鉄道に乗る
南北の対立によって分断された京義線、京元線など4つの鉄道の今と昔。韓国と北朝鮮の両側から現状を探り、廃線跡をたどっては往事をしのぶ。出色の朝鮮鉄道紀行。
ISBN 978-4-7942-1304-4
定価 1,980円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 232頁
初版刊行日 2004年05月10日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
小牟田哲彦
昭和50年、東京生まれ。早稲田大学法学部卒業、筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業科学専攻博士後期課程単位取得退学。日本及び東アジアの近現代交通史や鉄道に関する研究・文芸活動を専門とする。平成7年、日本国内のJR線約2万キロを全線完乗。世界70ヵ国余りにおける鉄道乗車距離の総延長は8万キロを超える。平成28年、『大日本帝国の海外鉄道』(東京堂出版)で第41回交通図書賞奨励賞受賞。ほかに『鉄馬は走りたい―南北朝鮮分断鉄道に乗る』(草思社)、『鉄道と国家―「我田引鉄」の近現代史』(講談社現代新書)、『去りゆく星空の夜行列車』(草思社文庫)など著書多数。日本文藝家協会会員。
この本へのご意見・ご感想