www.soshisha.com
本を探す
ドイツは苦悩する
―― 日本とあまりにも似通った問題点についての考察
あの堅実で安定しているかに見えたドイツが根底からゆらぎはじめた。それは波瀾の前兆か。著者は名医のごとくその問題点を次々に摘出していく。まれにみる力作。
ISBN 978-4-7942-1368-6
定価 1,836円(本体1,700円)
判型 四六判
頁数 245頁
初版刊行日 2004年12月08日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
川口マーン惠美
日本大学芸術学部卒業後、渡独。1985年、シュトゥットガルト国立音楽大学大学院ピアノ科修了。シュトゥットガルト在住。著書に『ドレスデン逍遥』(草思社)、『ドイツ流、日本流』(草思社文庫)、『住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち』(講談社+α新書)、『ヨーロッパから民主主義が消える』(PHP新書)『そしてドイツは理想を見失った』(角川新書)ほか多数。2016年、『ドイツの脱原発がよくわかる本』(草思社)で第36回エネルギーフォーラム賞・普及啓発賞、2018年、『復興の日本人論』(グッドブックス)で第38回エネルギーフォーラム賞・特別賞を受賞。
 この本へのご意見・ご感想