草思社

書籍詳細

子ども版 声に出して読みたい日本語(12)
―― 秘すれば花なり/名言
「天は人の上に人を造らず」「初心忘るべからず」からイチロー、黒澤明の一言まで、古今の力強い名言の数々を金子美和子さんの可愛いらしいイラストで贈る。
ISBN 978-4-7942-1431-7
定価 1,760円(本体1,600円)
判型 AB判変型
頁数 32頁
初版刊行日 2005年08月10日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
齋藤孝
1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業、同大学大学院教育学研究科博士課程を経て、現在、明治大学文学部教授。専攻は教育学、身体論、コミュニケーション技法。著書に『宮沢賢治という身体』(宮沢賢治賞奨励賞)『身体感覚を取り戻す』(新潮学芸賞)『声に出して読みたい日本語』(草思社、毎日出版文化賞特別賞)など多数。近著に『語彙力こそが教養である』『こども孫子の兵法』『なぜ本を踏んではいけないのか』『話すチカラ』(共著)などがある。
金子美和子
1964年、神奈川県生まれ。幼少時より洋画家の両親の留学に同行し、フランス、イタリア、スペインの絵画にふれながら育つ。横浜美術短期大学造形美術科卒業。以降、フリーでシルクスクリーンによるポストカードサイズの作品を制作。2004年、環七沿いの壁画プロジェクトをプロデュースし、環境美化に貢献。
この本へのご意見・ご感想