草思社

書籍詳細

外交官の仕事
文人外交官として在任中長編小説を上梓した著者が、退官後、自由に外交官の実態を描くと同時に外交の機微を論じた本。本書によって、日本人は初めて外交とは何かを知るだろう。
ISBN 978-4-7942-1453-9
定価 1,512円(本体1,400円)
判型 四六判
頁数 248頁
初版刊行日 2005年11月01日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
河東哲夫
1947年、東京生まれ。70年東京大学教養学部を卒業後、外務省に入省。ハーバード大学大学院ソ連研究センター、モスクワ大学文学部での研修を経て、東欧課長、在スウェーデン大使館参事官、文化交流部審議官、在ボストン総領事、在ロシア大使館公使、在ウズベキスタン・タジキスタン特命全権大使などを歴任。日本政策投資銀行設備投資研究所上席主任研究員、東京大学客員教授、早稲田大学客員教授等を経て現在、「Japan-World Trends」代表。著書に『ワルの外交』『意味が解体する世界へ』『米・中・ロシア虚像に怯えるな』(いずれも草思社)、『ロシアにかける橋』(鎌倉春秋社)などがある。
この本へのご意見・ご感想