草思社

書籍詳細

働くこと、生きること
私はなぜ働くのだろう──?ソニー、松下など大企業の社員から家族経営の会社を支える妻まで、様々な形で働く人への取材を通じて、働くことの意味を問い直す。
ISBN 978-4-7942-1471-3
定価 1,430円(本体1,300円)
判型 四六判
頁数 232頁
初版刊行日 2006年01月27日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
立石泰則
ノンフィクション作家・ジャーナリスト。1950年福岡県北九州市生まれ。中央大学大学院法学研究科修士課程修了。「週刊文春」記者等を経て、1988年に独立。92年に『覇者の誤算――日米コンピュータ戦争の40年』(日本経済新聞社)で第15回講談社ノンフィクション賞を受賞。2000年に『魔術師――三原脩と西鉄ライオンズ』(文藝春秋)で99年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。そのほかの著書に『マーケティングのSONY――市場を創り出すDNA』(岩波書店)『戦争体験と経営者』(岩波新書)、『さよなら! 僕らのソニー』『松下幸之助の憂鬱』(いずれも文春新書)、『「がんばらない」経営――不況下でも増収増益を続けるケーズデンキの秘密』『働くこと、生きること』(草思社)など多数。
この本へのご意見・ご感想