草思社

書籍詳細

南京事件 国民党極秘文書から読み解く
虚報と宣伝本が<大虐殺>の根拠となった!台湾で発掘した国民党中央宣伝部の極秘文書をもとに、戦争プロパガンダの観点から真相に迫る。
ISBN 978-4-7942-1488-1
定価 1,540円(本体1,400円)
判型 四六判
頁数 240頁
初版刊行日 2006年05月02日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
東中野修道
昭和22年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学法文学部、大阪大学大学院博士課程修了。西ワシントン大学客員教授、ハンブルク大学客員研究員を経て、亜細亜大学法学部教授(政治思想史、日本思想史)。文学博士。日本「南京」学会会長。著書に『東ドイツ社会主義体制の研究』『「南京虐殺」の徹底検証』(英語版 The Nanking Massacre:Fact versus Fiction)『1937南京攻略戦の真実』『南京「事件」研究の最前線 平成17、18年合併版』『南京事件「証拠写真」を検証する』ほか。論文にThe Overall Picture of the “Nanking Massacre”,in Nanking 1937, New York:M.E.Sharpe,2001;Nanking Massacre as War Propaganda Keeping Still Alive, in The 29th International Congress of Military History:War,Military and Media from Gutenberg to Today,August 2003,Bucharest:Military Publishing House,2004.など多数。
この本へのご意見・ご感想