草思社

書籍詳細

世田谷一家殺人事件
―― 侵入者たちの告白
事件は日本社会に襲いかかる「悪夢」のプロローグだった──。関係者の極秘証言をもとに、世紀末の日本を震撼させた未解決事件の真相を明らかにする驚愕の書!
ISBN 978-4-7942-1502-4
定価 1,512円(本体1,400円)
判型 四六判
頁数 256頁
初版刊行日 2006年06月28日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
齊藤寅
ジャーナリスト。週刊誌の記者を経て現在はフリーランスで活動中。
この本へのご意見・ご感想
本書に寄せられた読者の声

『手に汗握る』というのをはじめて体験したような気がします。なぜ一人のジャーナリストが真相に迫れるのか? という疑問も本を読むと理解できます。(44歳男性 新宿区)

むさぼるように読んだ。読み終えて一筋の光明が見いだせた。風化させないという意地も感じた。(46歳男性 埼玉県)

あっという間に読み終えた。読者を惹きつける内容と取材精神に敬意を表します。(63歳男性 新潟県)