草思社

書籍詳細

イラン人は神の国イランをどう考えているか
キヤーロスタミー、ナフィーシー他、世界で活躍するイラン人15人が、それぞれの視点から語るイスラーム支配国家の意外な実像!知られざる大国の今がわかる本!
ISBN 978-4-7942-1564-2
定価 1,980円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 232頁
初版刊行日 2007年02月28日
原書タイトル My Sister,Guard Your Veil;My Brother,Guard Your Eyes
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
レイラ・アーザム・ザンギャネー
ジャーナリスト。国外に脱出したイラン人両親のもとパリで生まれ、フランス高等師範学校で文学・哲学を学んだのち、コロンビア大学で国際関係学の修士号を取得。ハーヴァード大学で文学、映画、ロマンス語を教えるかたわら、『ルモンド』『ニューヨーク・タイムズ』『ヘラルド・トリビューン』などに中東関連の記事を寄稿している。
白須英子
翻訳家。日本女子大学英文科卒業。1993~95年「エコノミスト」誌の翻訳員。主な訳書に『ナポレオン1812年』(中央公論新社)、『ソヴィエトの悲劇』『エルサレムの20世紀』(以上、草思社)、『変わるイスラーム』(藤原書店)、『アラブ500年史』『オスマン帝国の崩壊』(以上、白水社)、『イエス・キリストは実在したのか?』『人類はなぜ〈神〉を生み出したのか?』(以上、文藝春秋)、著書に『イスラーム世界の女性たち』(文春新書)がある。
この本へのご意見・ご感想