草思社

書籍詳細

地に墜ちた日本航空
―― 果たして自主再建できるのか
自主再建できなければ、どうなるのか。銀行管理か、会社更生法の適用か、それともANAとの統合か。名うてのJALウォッチャーによる近未来のJALのシナリオ。
ISBN 978-4-7942-1599-4
定価 1,540円(本体1,400円)
判型 四六判
頁数 256頁
初版刊行日 2007年06月06日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
杉浦一機
航空アナリスト。首都大学東京客員教授。航空輸送、サービス、航空会社の経営モデルなどに詳しく、利用者の立場に立った評論がモットー。参議院運輸委員会調査室客員調査員、東京都の航空・空港関連委員会委員などを歴任。著書に『JAL再建の行方』『便利で快適な飛行機に乗りたい』(草思社)『B787に懸けるANAの野望』『「100空港時代」を生き残れ』『航空運賃のカラクリ』(中央書院)、『生まれ変わる首都圏の空港』(交通新聞社)、『ものがたり日本の航空技術』(平凡社新書)など多数。
この本へのご意見・ご感想