草思社

書籍詳細

イラク戦争の深淵
―― 権力が崩壊するとき、2002~2004年
それは何のための戦いだったのか。開戦前から戦闘終結後まで現地を取材し、中東~ 欧州~米国の動向をも捉えて現在の世界におけるこの紛争の意味に肉薄した力作。
ISBN 978-4-7942-1605-2
定価 2,640円(本体2,400円)
判型 四六判
頁数 448頁
初版刊行日 2007年07月02日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
国末憲人
朝日新聞ヨーロッパ総局長。1963年岡山県生まれ。1985年大阪大学卒。1987年パリ第2大学新聞研究所を中退し、朝日新聞社に入社。パリ支局員、パリ支局長、論説委員、GLOBE編集長などを経て現職。著書に『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』『巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?』(以上、草思社)、『自爆テロリストの正体』『サルコジ』『ミシュラン 三つ星と世界戦略』(以上、新潮社)、『ユネスコ「無形文化遺産」』(平凡社)、『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社)、『ポピュリズムと欧州動乱』(講談社)などがある。
この本へのご意見・ご感想