www.soshisha.com
本を探す
信長は本当に天才だったのか
世紀の天才か、小心の俗物か──。桶狭間の合戦の「奇襲」も、長篠の合戦の「三段打ち」も、後世につくられた伝説だった。これまでの信長像を一変する、画期的新説!
ISBN 978-4-7942-1626-7
定価 1,728円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 256頁
初版刊行日 2007年08月31日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
工藤健策
横浜生まれ。明治大学卒業。ラジオ局に入社後、アナウンサー、ディレクターとして野球、ラグビー、サッカー等を取材。1989年度日本経済新聞・テレビ東京共催ビジネスストーリー大賞受賞。1992年度NHK「演芸台本コンクール」佳作入賞。2012年度東京千代田区主催ちよだ文学賞受賞。『信長は本当に天才だったのか』『プロ野球 誤審の真相』『プロ野球  球団フロントの戦い』『プロ野球 最高の投手は誰か』(以上、草思社)、『Jリーグ崩壊』(総合法令出版)、『小説安土城炎上』(PHP文庫)など多数。
 この本へのご意見・ご感想