www.soshisha.com
本を探す
文学的なジャーナル
―― Journal Imagined
これまで書き散らしてきた走り書きの中で立ち往生しつづける私、私、私──。彼らは本当に「私」なのか? 第139回芥川賞候補となった注目の異才が放つ斬新な小説。
ISBN 978-4-7942-1669-4
定価 1,944円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 216頁
初版刊行日 2008年10月01日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
岡崎祥久
1968年、東京生まれ。作家。早稲田大学第二文学部卒業。1997年、『秒速10センチの越冬』(講談社)で第40回群像新人文学賞受賞。2000年、『楽天屋』(講談社)で第22回野間文芸新人賞受賞。他の著作に、『南へ下る道』『首鳴り姫』『ctの深い川の町』(いずれも講談社)、『昨日この世界で』(文藝春秋)、『バンビーノ』『独学魔法ノート』(ともに理論社)がある。
 この本へのご意見・ご感想