草思社

書籍詳細

女海賊メアリ・リード
―― 第4巻 二人の女海賊
勇敢な男装の女海賊の名は、カリブ海を駆けめぐる。そして自由と闘いに魅せられた女がもう一人。二人を結ぶ哀しく切ない運命の糸──。女海賊伝説、感動の最終巻。
ISBN 978-4-7942-1694-6
定価 1,512円(本体1,400円)
判型 四六判変型
頁数 296頁
初版刊行日 2009年02月02日
原書タイトル LADY PIRATE
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
ミレイユ・カルメル
1964年生まれ。フランスのヒストリカルロマンス界の新女王と呼ばれる人気作家。8歳の時に重篤な病に陥り、療養所にて少女時代を送る。30歳の時に最初の小説を書き始めるが、生活保護を受けながらの執筆活動だった。5年後、デビュー作が刊行されるやベストセラーに。本書が三作目。
永田千奈
1967年、東京生まれ。翻訳家。訳書に『未来を変える80人』(日経BP社)、ルソー『孤独な散歩者の夢想』、モーパッサン『女の一生』(ともに光文社)、『サガン 疾走する生』『海賊と資本主義』(ともにCCCメディアハウス)などがある。
この本へのご意見・ご感想