草思社

書籍詳細

薬師寺伽藍の研究
薬師寺東塔は藤原京の本薬師寺から移建したものか、そうでないのか。長年の薬師寺論争に決着をつけ、本薬師寺解体の過程を克明に追った画期的労作、ついに刊行!
ISBN 978-4-7942-1703-5
定価 13,200円(本体12,000円)
判型 A5判
頁数 520頁
初版刊行日 2009年04月01日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
宮上茂隆
昭和十五年(一九四〇年)、華道の古流崇顕流の家元・宮上武雄の次男として東京に生まれる。東京大学工学部建築学科卒業。同大大学院、助手を経て、『薬師寺伽藍之研究』で工学博士号を取得。昭和五十五年、竹林舎建築研究所を開設。日本建築の歴史研究と復原設計に専念した。日本建築の歴史研究の分野では、古代寺院建築、中世住宅建築、近世城郭建築、数寄屋と茶室など、幅が広い。建築設計では、富山県高岡市の国泰寺三重塔、静岡県掛川市の掛川城天守、愛媛県大洲市の大洲城天守などがあり、大洲城天守の完成を見ることなく平成十年に他界した。享年五十八。
この本へのご意見・ご感想