草思社

書籍詳細

保守の怒り
―― 天皇、戦争、国家の行方
保守の自己欺瞞、ゴマカシこそ今日の保守勢力衰退を招いたと指摘。日本と皇室の危機の構造を率直に、大胆に指摘した、いまもっとも読まれるべき本質的論議。
ISBN 978-4-7942-1732-5
定価 1,980円(本体1,800円)
判型 四六判
頁数 336頁
初版刊行日 2009年12月01日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
西尾幹二
1935年東京生まれ。評論家。電気通信大学名誉教授。東京大学文学部独文科、同大学大学院修士課程修了。文学博士。著書に『ニーチェ』『わたしの昭和史』『国民の歴史』『異なる悲劇 日本とドイツ』『江戸のダイナミズム』など、訳書にニーチェ『悲劇の誕生』、ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』など。
平田文昭
1959年長崎県生まれ。評論家。神奈川大学法学部卒業(国際公法専攻)。商社の海外営業に従事後、独立して会社を起こす。勤務のかたわら、各種の市民運動に取り組み、人権から司法、地方自治等の問題を取り上げてきた。アジア太平洋人権協議会代表。著書に『危ない!人権擁護法案』がある。
この本へのご意見・ご感想