草思社

書籍詳細

日本統治時代を肯定的に理解する
―― 韓国の一知識人の回想
日本統治下で過した青春の日々は穏やかだったと回想、創氏改名、独立運動の実態を率直な筆で綴る。「管談話」の歴史認識の不公正さを浮き彫りにする体験者の証言。
ISBN 978-4-7942-1775-2
定価 2,376円(本体2,200円)
判型 四六判
頁数 304頁
初版刊行日 2010年09月01日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
朴贊雄
元韓国・仁荷大学副教授。1926年、京城(現ソウル)生まれ。京城師範付属小学校、旧制京畿中学で学ぶ。20歳で終戦を迎える。51年、ソウル大学、64年、NY大学行政大学院卒業。75年、カナダ移住。2006年死去。終生、韓国の民主化を追求。著書に戦後韓国政治史シリーズ(全10巻)ほか。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する