草思社

書籍詳細

殴る女たち
―― 女子格闘家という生き方
生きる理由はリングの上で見つかった――。アマレスラー、柔道家、SM嬢、引きこもり……さまざまな経歴を経て「殴る女」となった女性たちの鮮烈な生を描く。
ISBN 978-4-7942-1784-4
定価 1,650円(本体1,500円)
判型 四六判
頁数 264頁
初版刊行日 2010年10月29日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
佐々木亜希
1975年生、埼玉県川口市出身。OLを経て『紙のプロレスRADICAL』編集部勤務。同雑誌の携帯サイト設立・監修・取材に関わりながら、雑誌上でも活動を行う。2007年6月、フリーライターとして独立。『スポーツナビ』『OCN』『livedoor』等のウェブ媒体他、雑誌『ゴング格闘技』『Fight&Life』他で活躍している。女子格闘技を黎明期から現在まで取材している、数少ないライターのひとり。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する