草思社

書籍詳細

「昭和」を生きた台湾青年
―― 日本に亡命した台湾独立運動者の回想1924-1949
戦後蒋介石の独裁政権を批判し日本に亡命。終生台湾独立運動に力を注いだ「日本語世代」が多感な青春期と重ねて昭和初期の台湾社会をいきいきと描いた貴重な記録。
ISBN 978-4-7942-1813-1
定価 2,420円(本体2,200円)
判型 四六判
頁数 328頁
初版刊行日 2011年04月05日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
王育徳
1924年、台湾・台南の裕福な商家に生まれる。旧制台北高校から東京帝大に進む。44年、戦況厳しく、学業の途中で台湾に「疎開」。戦後は台南一中の教師となる。49年、「二二八事件」で中国国民党の軍隊により検事をしていた兄を殺され、自身も要注意人物と目されたことから日本に亡命。東京大学大学院博士課程修了。明治大学ほかで教師をつとめるかたわら、60年より台湾独立運動を始める。85年、心筋梗塞のため志半ばで死去。著書に『台湾――苦悶するその歴史』『台湾語常用語彙』など。
近藤明理
王育徳の次女。1954年 東京生まれ。慶應義塾大学文学部英文科卒業。『王育徳全集』編集委員。共訳書に、ジョン・J・タシク『本当に「中国は一つ」なのか』(草思社、2005年)がある。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する