草思社

書籍詳細

C級戦犯がスケッチした巣鴨プリズン
飛田時雄 著 /岡村青 その他
C級戦犯として巣鴨プリズンに十年間服役し、処刑前の東條英機の世話係を務めていた「生き証人」が、房中で描きためた膨大なスケッチとともに回想する獄中生活!
ISBN 978-4-7942-1821-6
定価 1,870円(本体1,700円)
判型 四六判
頁数 216頁
初版刊行日 2011年04月22日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
飛田時雄
1918年茨城県生まれ。39年仙台歩兵第四連隊歩兵砲中隊入隊。43年帰還するも翌年、水戸歩兵第二連隊留守部隊に召集され、軍曹として東京捕虜収容所大森本所や品川附属病室に捕虜監視要員として配属される。終戦後、捕虜を殴打し虐待を加えた罪でC級戦犯として逮捕され、47年に横浜軍事法廷で重労働30年の刑を言い渡される。以来、55年の仮釈放まで巣鴨プリズンで服役。出所後は飛田工務所を経営。
岡村青
1949年茨城県生まれ。ノンフィクションライター。著書に『脳性マヒ者と生きる』『血盟団事件』(以上、三一書房)、『十九歳・テロルの季節』『「毒殺」で読む日本史』(以上、現代書館)などがある。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する