草思社

書籍詳細

ロマノフの徒花
―― ピョートル二世の妃エカチェリーナ
ロシアの18世紀は女帝の世紀。夫ピョートル2世と婚約者エカチェリーナ皇女はアンナ女帝により流刑に。流刑生活の末、ペテルブルクに帰り着くまでの波瀾の生涯。
ISBN 978-4-7942-1825-4
定価 2,420円(本体2,200円)
判型 四六判
頁数 216頁
初版刊行日 2011年06月06日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
河島みどり
早稲田大学文学部露文科卒業。モスクワ大学で研修。1970年の万博のときからリヒテルの通訳をつとめる。ギレリス、ムラヴィンスキー、モスクワ芸術座、ボリショイ劇場などの通訳もする。リヒテル夫人の依頼を受け、リヒテルの付き人となる。リヒテルの付き人は他に夫人、甥のミーチャ、チェコのカレル、イタリアのミレーナがいたが、ヨーロッパでの活動に際しては、ミレーナと河島が主となった。著書に『ピョートル大帝の妃』『ロマノフの徒花』『ペテルブルクの薔薇』 『ムラヴィンスキーと私』(いずれも草思社)、『ロシア語の慣用句』(吾妻書房)、訳書にヴィターリ・フォーミン『評伝エヴゲニー・ムラヴィンスキー』(音楽之友社)、字幕翻訳に「石の花」「僕の村は戦場だった」「犬をつれた奥さん」「持参金のない娘」「絆」などがある。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する