草思社

書籍詳細

毛沢東の大飢饉
―― 史上最も悲惨で破壊的な人災1958-1962
毛沢東のユートピア構想は未曾有の大飢饉を発生させ、4500万の死者を出した。中国共産党最大のタブー、「大躍進」運動の全体像を党資料を基に明らかにする!
ISBN 978-4-7942-1840-7
定価 3,024円(本体2,800円)
判型 四六判
頁数 576頁
初版刊行日 2011年08月05日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
フランク・ディケーター
ロンドン大学東洋・アフリカ研究学院教授(休職中)、香港大学人文学院講座教授(名誉研究職)。香港在住。1961年、オランダ生まれ。ジュネーブ大学で歴史及びロシア語を専攻。中国に2年間滞在したのち、ロンドン大学東洋・アフリカ研究学院で博士号取得。『The Discourse of Race in Modern China』(1992)、『China before Mao: The Age of Openness』(2007)など、9冊(うち2冊は共著)の著作がある。本書は『エコノミスト』誌、『インディペンデント』紙などイギリス各紙誌の〝ブック・オブ・ザ・イヤー2010〟に選ばれ、また2011年度の「サミュエル・ジョンソン賞を受賞した。
中川治子
1956年生まれ。翻訳家。武蔵大学人文学部日本文化学科卒業。主な訳書に『ルネッサンス』『ザ・プロフィット』(ダイヤモンド社)、『大逆転の経営』『破産する未来』(日本経済新聞社)他がある。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する