www.soshisha.com
本を探す
いつか見たしあわせ
―― 市井の幸福論
しあわせは、ふりかえって気づくもの。古今東西の賢人たちの幸福論から最先端の幸福研究まで読み解いてわかった「しあわせの本質」。本当に役に立つ異色の幸福論。
ISBN 978-4-7942-1931-2
定価 1,512円(本体1,400円)
判型 四六判
頁数 240頁
初版刊行日 2012年10月18日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
勢古浩爾
1947年大分県生まれ。明治大学政治経済学部卒業。洋書輸入会社に34年間勤務ののち、2006年末に退職。1988年、第7回毎日21世紀賞受賞。著書に『ひとりぼっちの辞典』(清流出版)、『ウソつきの国』(ミシマ社)、『石原吉郎』(言視舎)、『不孝者の父母考』(三五館)、『自分をつくるための読書術』『最後の吉本隆明』(いずれも筑摩書房)、『まれに見るバカ』『日本人の遺書』(いずれも洋泉社)など。『結論で読む人生論』『定年後のリアル』『定年後7年目のリアル』『さらなる定年後のリアル』『定年後に読みたい文庫100冊』(いずれも草思社)など「定年後シリーズ」が人気を博す。
 この本へのご意見・ご感想
この本を購入する