www.soshisha.com
本を探す
鹿児島学
不思議の国の鹿児島――温泉が多く、黒豚、焼酎がうまい、桜島の景色が雄大。いまだ「独立国」を思わせる独特の文化、風土を「県民性研究」の第一人者が解明する。
ISBN 978-4-7942-1947-3
定価 1,728円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 288頁
初版刊行日 2012年12月25日
原書タイトル
在庫情報 電話にてお問い合わせください
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
岩中祥史
1950年生まれ。ほぼ名古屋出身。愛知県立明和高校から東京大学文学部へ。出版社勤務を経て、編集企画会社エディットハウスを創設、代表に。出版プロデューサー、ノンフィクション作家として活躍。主な著書に、『新・出身県でわかる人の性格』(草思社文庫)、『名古屋人と日本人』『日本全国 都市の通信簿』(草思社)、『新・不思議の国の信州人』(共著、ワニ文庫)、『名古屋学』『博多学』『札幌学』『広島学』(新潮文庫)、『名古屋の品格』(学習研究社)ほか多数がある。
 この本へのご意見・ご感想
この本を購入する