草思社

書籍詳細

新潟明訓野球の秘密
―― 高校野球監督29年で教えられたこと
高校野球が先生だった――体罰やスパルタ式とは正反対の高校野球を雪国・新潟で開花させ、根付かせた名将が〈笑顔の野球〉にたどり着くまでの軌跡を初めて自ら語る。
ISBN 978-4-7942-1956-5
定価 1,760円(本体1,600円)
判型 四六判
頁数 208頁
初版刊行日 2013年02月28日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
佐藤和也
1956年(昭和31年)8月、新潟県長岡市生まれ。県立長岡高校では野球部の主将、捕手。74年春季県大会優勝。日本体育大学に進み、捕手。大学3年のとき、母校・長岡高校の臨時コーチを務め、56年ぶりの甲子園出場に貢献。1984年、新潟明訓高校の保健体育科教員になり、野球部監督に就任。1991年夏の初出場以来、甲子園に春1回、夏7回、計8回出場。2010年には準々決勝進出。甲子園通算、7勝8敗。国体には3回出場、通算2勝2敗。29年間の公式戦通算、430試合331勝99敗。2013年4月より、新たに創部される新潟医療福祉大学硬式野球部の監督に就任。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する