草思社

書籍詳細

【文庫】アメリカはなぜヒトラーを必要としたのか
1920年代以降、アメリカ外交の陰ににはつねに「独裁者を援助し、育てる」という戦略が隠されていた――。その黒い人脈に迫った衝撃的なノンフィクション作品。
ISBN 978-4-7942-1992-3
定価 864円(本体800円)
判型 文庫判
頁数 304頁
初版刊行日 2013年08月08日
原書タイトル
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
菅原出
東京財団リサーチ・フェロー。昭和44(1969)年、東京生まれ。中央大学法学部政治学科卒。平成6(1994)年よりオランダ留学。同9年アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒。国際関係学修士。在蘭日系企業勤務、フリーのジャーナリストを経て現職。米国を中心とする外交、安全保障が専門で、日経BPオンラインに「安全保障インサイド」を連載中。著書に『アメリカはなぜヒトラーを必要としたのか』(草思社)、『日本人が知らない「ホワイトハウスの内戦」』(ビジネス社)等がある。
この本へのご意見・ご感想
この本を購入する